Blog

地域ボランティア活動

ブログ訪問ありがとうございます。
湘南藤沢にあります外構設計施工、門倉組エクステリアの有本です。

先日、事務所近くの辻堂太平台の災害時避難所の造作工事を行いました。
山のように高台になっている急斜面を、安心して利用していただけるよう工夫を凝らし、作業に携わらせていただきました!

こちらは作業前になります。

登れないことはないですが、かなり急なため、ご高齢の方や小さいお子様にはとても危ないので階段を作っていきます。
もともとは雑草や草木がかなり生えていたのですが、地元の皆様が30名ほど集まられて草刈りを行われたそうです。
すごい人数ですよね\(◎o◎)/!

こちらは今回使用する材料です。
雨で腐敗することもない樹脂製の丈夫な素材となっております。

まずは下段から上段となる高さと距離を測り、一段分の踏面を決めていきます。
そして板を均等な間隔で置いてみて、根が当たったりする箇所は斜面の形に合わせて割付していきます。

次に支えとなる柱を両端へ置き位置を決め、一定の深さまで掘り、埋めていきます。
柱を埋め、ある程度動かなくなりましたら、土を留める板を水平になるよう据えていきます。
ここで重要なのは、板を水平に合わせること!左右の位置が多少異なっても綺麗に見えます。
柱と板だけでは揺れを抑えることができないため、最後にビスで打ち付けて固定します。

このようになりました!
ハイキングコースなどでもこのような階段はありますよね。
これで少しは登りやすくなったのではないでしょうか。

しかしこれだけでは終われません!このままでは横から土が流れてきてしまいますので、
地域の皆さんと、階段の両側へ土嚢を積む作業と頂上の草刈りを合わせて行いました。

土嚢を上から順に運んで横向きに積んでいきました。
2月でしたが、これだけの作業でもけっこういい汗かきました(*‘∀‘)

草刈りで出た枝葉です。けっこうな量ですよね。
とてもすっきりとして、綺麗になりました。
ついつい作業に夢中になってしまい、頂上の景色を取り忘れてしまいました(._.)
太平台で一番高い場所ということで、海も見えて見晴らしは最高です。おすすめスポットです。

終始、地元の皆様のチームワークと団結力に感銘を受けました。
作業中、上司の山口さんも途中で様子を見に来てくれて嬉しかったです。ありがとうございました(*^-^*)

今回の作業を通じて、地域の方々と協力して行えたこと、貴重な経験になりました。
今後も、地域に愛されるものづくりに励んでいきます。
また気さくに迎え入れてくださった地域の皆様、本当にありがとうございました。
何かお困りのことがあれば、いつでもお力になれればと思っています。

門倉組エクステリアは、新築外構やお庭のリニューアルプランをご提案させていただいています。
外構工事やお庭のこと、ぜひお問合せください。ご相談お待ちしております。
長くなりましたが、最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

関連記事一覧

最近の記事

error: