Q&A

エクステリアのメンテナンスと注意点・対処法

エクステリアに使われる資材は、耐久性や耐摩耗性などに優れていますが、
長年風雨にさらされていれば、汚れや劣化を避けることはできません。
しかし、普段からメンテナンスを行ったり、不具合を早期に発見することで、
より長くお使いいただくことができます。

コンクリートのメンテナンス

コンクリートは他の資材に比べ、耐久性の高い製品となります。品質が著しく劣化することはほとんどありませんが、長年使用していると汚れやカビ、白華現象や変色などが起こります。ある程度の汚れやカビ、白華現象などは日頃のお手入れで除去・予防することが可能です。

汚れやカビ

コンクリートの表面についた軽い汚れやカビは、たわしやデッキブラシなどで落とすことができます。汚れが気になる場合は、コンクリート専用の洗剤などを合わせて使うことで、よりキレイにすることができます。汚れやカビを落とした後は、予防に吸水防止剤や撥水コート剤をコンクリートに塗布することで、汚れやカビを付きにくくすることができます。

また、高圧洗浄機を使って、汚れやカビを落とすこともできますが、水圧でコンクリートが剥離してしまう可能性があります。コンクリートの劣化にもつながるので、高圧洗浄機を使う場合は、コンクリートが剥離しないことを確認してから使用してください。

白華現象(エフロレッセンス)

コンクリート製品はカルシウムを多く含んでいるため、雨水などの水分を吸収することでカルシウムが溶け出し、コンクリートの表面にカルシウムが出てきてしまいます。レンガやブロックなどの目地から、白い雨だれ、粉のようなものが出てくる現象を「白華現象(エフロレッセンス)」と呼びます。白華現象により製品・施工上の欠陥、また人体へ影響はありませんが、外観が損なわれます。ある程度は、お手入れで改善することができます。

白華現象が起こっている箇所は、ナイロンブラシのような柔らかいブラシで水洗いすることで、表面がキレイになり落ち着きます。硬いワイヤーブラシのようなものでこすると、コンクリート面が傷ついてしまう恐れがあるので注意しましょう。ブラシで除去できない強力な場合は、専用除去剤の使用をおすすめします。

白華現象を完全に防ぐことはできないため、コンクリート面が白っぽくなってきたら、早めにお手入れすることをおすすめします。

ひび割れ(クラック)

固まる前のコンクリートは水分を多く含み、コンクリート内の水分が時間をかけて蒸発することで、強度を増す性質があります。コンクリートが固まった後でも、気温や湿度の高低差がの激しい日が続くと、コンクリートが伸縮と膨張を繰り返し、「ひび割れ(クラック)」が生じてしまいます。

中でも、髪の毛の太さ程度の「ヘアークラック」は、表面にひび割れが起きているだけで、構造的な欠陥のないケースがほとんどです。コンクリートの性質上、完全にひび割れを防ぐことはできないという点をご理解ください。

ヘアークラックよりも大きなひび割れがある場合や、強度や意匠の面で気になる場合は、原因を調査して対応いたしますので、お問い合わせください。

自然石のメンテナンス

自然の風合いを生かす自然石は、基本的にはメンテナンスは不要です。しかし、屋外で風雨にさらされるため、石には汚れやカビなどは自然と付着していきます。付着した汚れやカビは、たわしやナイロンブラシなどを使って水洗いすることで、落とすことができます。汚れやカビが付くのを防ぎたい方は、石材用の撥水コート材などを1〜2年に一度塗布することで、汚れにくい状態を保つことができます。

また、鉄を含んでいる石は、空気や雨水などにふれることで、変色したりサビが出てしまう場合があります。症状が気になる場合は、石材専用の除去剤がありますので、お問い合わせください。

ハードウッド材のメンテナンス

ウッドデッキやウッドフェンスに使われるハードウッド材は、耐久性に優れ、シロアリや雨水などにも強く、腐食の心配が少ないのが特徴です。天然の木を使っているために、表面にはささくれや毛羽立ち、汚れやカビなどが発生する場合がありますが、日常のお手入れでキレイにすることが可能です。

ささくれや毛羽立ち

ウッドデッキの表面には、ささくれや毛羽立ちが発生します。ささくれや毛羽立ちが気になる場合は、サンドペーパーなどを使って表面を磨くことで、キレイにすることができます。

汚れやカビ

汚れやカビも、ささくれや毛羽立ちと同様に、表面をサンドペーパーなどで磨くことで、キレイにすることができます。高圧洗浄機などを使い、表面の汚れを落とすことも効果的です。

色落ち

耐久性や耐腐食性に優れたハードウッドは、無塗装で使用されることが多く、雨や紫外線によって木材の表面がくすんだ灰色に色落ちします。木材の表面を削れば、以前のような美しい木目を取り戻しますが、年月が経過すれば再び色落ちをしてしまいます。気になる方は、表面に塗装を施すなどの対処法もございますので、一度ご相談ください。

外壁塗装のメンテナンス

他のエクステリアと同様に、風雨にさらされる外壁は自然と汚れが発生します。ちょっとした汚れは、ナイロンブラシのような柔らかいブラシで水洗いすることで落とすことができます。

しかし、年月が経過すると、塗料の耐久性や防水性などが次第に減っていくため、塗り直しが必要になる場合があります。外壁を塗り直さずにそのままにしていると、カビやコケの発生、ひび割れや剥離の原因にもなります。外壁の汚れが落ちにくい、カビやコケが生えて来た、ヘアークラックなどのひび割れができ始めているなどが見受けられたら、外壁を塗り直すタイミングかもしれません。また、専用の撥水コート剤を使用することで、長持ちすることもできますので、一度お問い合わせください。

アルミ製品のメンテナンス

アルミはスチールよりもサビにくく、メンテナンスも簡単で耐用性に優れているのが特徴です。しかし、汚れをそのままにしたり、潮風の強い地域ではサビが発生することも少なくありません。

お手入れ方法としては、雑巾での水拭きと乾拭きを年に数回程度行うだけで十分ですが、海の近い地域では掃除の頻度を増やすことをおすすめします。また、しつこい汚れが付いている場合は、中性洗剤を薄めた溶液でぬらした雑巾で水拭きをしてキレイにします。洗剤や水分が残っているとサビの原因にもなるので、キレイに乾拭きをしましょう。

アルミ製品のメーカー保証について

メーカー保証内容・期間内(1〜2年)に基づいて対応いたします。 なお、自然災害などによる破損はご対応が出来かねる場合がございます。保証についての詳細は、お問い合わせください。

植栽のメンテナンス

植物のお手入れ

お引渡しの直後、ほとんどのお客様は「植物がもっとしっかり植わっていて欲しい」と思われるのではないでしょうか。
けれど、植木に関しては将来に完成する姿(およそ5年後)を思い描いて私達は施工をさせて頂いております。
そこでまず、私達が仮の姿で引き渡した植物たちを、お客様が本当に美しい形に仕上げるための、お手入れの方法を紹介いたします。

庭木の水やり

目的

・夏場(7月〜9月)

植え付け直後は、1日に2回の水やりが必要です。朝方は午前9時まで、夕方は午後5時以降に行ってください。
日中の水やりは厳禁です。日中に水やりをすると、あげた水が気温の上昇でお湯となり、根腐れの原因となります。
夕立などが降った後は、土の状態を見て、乾いていれば水をやります。

・冬場(12月〜3月)

夏場とは異なり、晴天が続いたとき以外、水やりの必要はありません。
ただし、植え付け直後の常緑樹は、冬場でも水が必要です。
冬場の水やりは日中(午前10時~午後2時まで)に行ってください。
夕方に水をやると、夜半の冷え込みで水が凍り、根を傷める場合があります。
また樹木の生長に応じて水の量を減らします。

・注意点

樹木が土に完全に根付いた頃(植え付け後2年位)からは、夏場、又はよほど晴天の日が続いたとき以外、水やりの必要はありません。
その頃になると、水のやりすぎは、根が腐る原因となります。
ただし、プランター、花壇、ハンギングバスケットなどは、土の量が少ないため定期的な水やりが必要です。
屋上やベランダは、条件が違いますので、別の項目で取り上げます。

樹木の刈り込みや剪定

(1)目的

生垣は刈り込むことによって目をつまらせ、目隠しの効果を大きくします。
日当りや風通しを良くすることで、病気・害虫がつきにくくなります。

(2)刈り込み、剪定の時期

針葉樹=10~11月頃と春先
常緑樹=春の新芽が伸びる5~6月頃と生長が休止する9~10月頃
落葉樹=新緑が出揃って葉が固まった7~8月頃と落葉後の11~3月頃
ただし、花木の場合には、より多くの花を咲かせることが目的となりますから、花芽の分化時期と位置に注意して剪定する必要があります。

芝生管理

芝生のメンテナンスには、芝刈り・施肥・病害虫防除・目土掛け・ エアレーション・ブラッシング・水やりなどがあります。

(1)目土掛け

芝生に3~6mm の厚さに薄く土をかける作業を目土といいます。
目土の目的は、芝生の凸凹を直す、浮き上がった株を抑えるなどです。
目土には雑草の種が混ざっていない土を選びます。(山砂・川砂・除塩海砂) 目土は一般的には春先の芝生が青くなるまでにしますが、その後も必要に応じて行ってください。
( 夏場を除く)目土した後、肥料も与えると良いでしょう。

(2)水やり

芝の水やりは、あまり多くしすぎると、雑草の発芽・浸入を助けたり、土壌の養分を流出させたり、病害虫の発生を促すなどの悪影響があるので、注意してください。
水やりは特に夏の暑い時期は、なるべく早朝に行ってください。

(3)エアレーション

エアレーションは、土壌の通気を良くし、芝の老化を防ぎ、水分の浸透を 良くするために、芝生地に穴や、切れ込みを入れる作業です。
時期は、新芽の動き出す3~4月に行います。目土掛けの直前に行うと効果的です。
方法は、スパイクを回転によって土中に差し込み、土壌をえぐり取ります(コアリングといいます)。
コア(穴)の深さは、7~10cm程度、間隔は5~15cm程度で 芝生全面に、ムラなく行ってください。

メンテナンスで気になる点などありましたら、お気軽にご相談ください。

門倉組施工例
門倉組施工例
門倉組施工例
門倉組施工例
門倉組施工例
門倉組施工例
門倉組施工例
門倉組施工例
error: