Blog

【藤沢施工会社が語る】樹脂木ウッドデッキの魅力とは何か?

こんにちは。
こちらは、横浜・湘南藤沢エリアで外構の設計や施工業務を行っております、門倉組エクステリア事業部です。

今回は、外構の中でも最近特に人気のある、《ウッドデッキ》をご紹介したいと思います!

ウッドデッキにも実は種類があり、天然木と樹脂木(人工木)で作られたものがあります。
今回はその中で、樹脂木(人工木)ウッドデッキの特徴や魅力について、お話していきたいと思います☆

樹脂木ウッドデッキとは?

樹脂木ウッドデッキとは?

耐久性に優れた樹脂木ウッドデッキ

樹脂木ウッドデッキは、木粉と樹脂(ポリプロピレンなどのプラスチック)を混ぜ合わせて人工的に作られたウッドデッキです。
特徴としては、このようなことが挙げられます↓

  • 腐食が起こりにくい
  • 時間が経っても変色や湿気による変形が起こりづらい
  • シロアリなどの害虫による食害の心配がない
  • キズの補修が容易にできる
  • フローリングの床材の幅に合わせたサイズやカラーなど、バリエーションが豊富

まるで天然木?!進化し続ける樹脂木ウッドデッキ

ひと昔前の樹脂木ウッドデッキは、どうしても天然木と比べると人工的な見た目でした。
しかし現在は、天然木のような味わいのある、自然な見た目と手触りを実現しました!

より上質なものは価格が少し高くはなりますが、メンテナンスが少なく、長持ちするウッドデッキがご希望の方にはおススメです♪

樹脂木製品に適した場所と注意点

樹脂木製品に適した場所と注意点

炎天下では熱くなりやすい

樹脂木製品は、耐久性があり腐食が起こりにくいため、ウッドデッキの他には、屋外のベンチや手すりなど、ショッピングモールや公共施設にも使われ、雨ざらしになっても安心の製品と言えます。

しかし、樹脂木製品だからこそ、注意が必要なこともあります!

それは、熱の伝導率が高く、《炎天下では天然木に比べ、高温になりやすい》ということです。
みなさんご経験があると思いますが、夏場に公園のベンチに座ろうとして「熱い!!」となったこと・・・ありますよね。

夏場の炎天下では、天然木も熱くなりますが、ご自宅のウッドデッキを樹脂木にしている場合は裸足で出ないよう、特にペットやお子様のご使用は十分にお気を付けください。

また、メンテナンスはゼロというわけではありません。
汚れやカビは放置していれば出てきてしまいますので、最低限のお手入れは必要となります。

門倉組エクステリア事業部は天然木も樹脂木もOK

門倉組エクステリアは天然木も樹脂木もOK

用途やご希望に合わせてプランニングします

今回は、樹脂木(人工木)ウッドデッキの魅力についてお話をさせていただきましたが、天然木も自然ならではの温かみや風合いがあります。
また、天然木の中にも、ハードウッドと言う耐久性の優れた木材もあります。

このように、樹脂木も天然木も、それぞれに魅力があり、用途やご希望に合わせて選ばれると良いと思います☆

門倉組エクステリア事業部では、もちろん天然木も樹脂木も両方扱っておりますので、お客様のご要望をお伺いし、最適なお庭作りのお手伝いをさせていただければと思っております!

どのようなお庭にしようか?また、メンテナンスなど悩まれていらっしゃる方も、まずはご相談ください♪

 

お問い合わせはこちら
新築外構工事ももちろん、ご相談を承っています。
お気軽にお問い合わせください!

対応エリア:
神奈川県藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・平塚市・逗子市・三浦郡・横浜市戸塚区・横浜市泉区・横浜市港南区・横浜市栄区・横浜市瀬谷区・横浜市都筑区・横浜市青葉区・横浜市保土ケ谷区・横浜市緑区・厚木市・綾瀬市・伊勢原市・海老名市・東京都(町田市)

関連記事一覧

最近の記事

error: