Blog

ウッドデッキの掃除法を藤沢市の設計施工会社がお伝えします!

こんにちは。
ブログご訪問ありがとうございます。

こちらは、横浜・湘南藤沢エリアを拠点として活動しております、外構設計施工の門倉組エクステリア事業部です。

現在、リモートワークの定着により家で過ごす時間が増え、家族にとってリフレッシュできる空間として、今とても人気があるのがウッドデッキです。

ウッドデッキは、アウトドアリビングとして家にいながら外の空気を感じることができ、食事をしたり、お子様やペットを遊ばせたり、洗濯物を干すなど日常的に使用することもできる多用途のスペースです☆

しかし、ウッドデッキは屋外にあるものですから、メンテナンスフリーだとしても時間が経つと汚れるものですよね。。

そこで!本日は、エクステリアの中でも特に人気のある、ウッドデッキのお掃除方法をお伝えしていきたいと思います(^^♪

ウッドデッキが汚れる原因とは

愛甲郡 ナチュラルオープン外構


まず当社では、ウッドデッキの中でも日々のお手入れが楽なメンテナンスフリー材をおすすめしています。
・色が変わりづらい人工木(樹脂木)
・天然木ではハードウッドと呼ばれる名前の通り「堅く丈夫な木」
日常的なお掃除は不要ですが、気になったときに行っていただくと、より長年楽しめます。

さて汚れる原因ですが…
ウッドデッキは家の中の汚れとは異なり、屋外ならではの砂ぼこりや雨染みや泥汚れが自然のうちに発生します。
また、ウッドデッキで飲食をされれば、食べ物カスなども気になるところ。
それらを放置しておくと、カビや苔が発生したり、ウッドデッキの表面が黒くなってしまうことも。。

そうならないためにも、汚れが気になった時にお掃除をおすすめします。

人工木と天然木それぞれの掃除方法

おおまかな掃除方法は一緒ですが、注意点が少し異なります。

人工木
①全体をほうきで掃く→②水洗い、または水で濡らした布で拭く→③乾いた布で拭く
※汚れや雨シミがひどい場合は、中性洗剤を薄めた液で汚れを落とし、洗剤が残らないようによく水洗いをして拭き取ってください。
※それでも気になる場合は、サンドペーパーを使って、長手方向または溝に沿って一方向に軽く擦ってください。

天然木(ハードウッド材)
①全体をほうきで掃く→②デッキブラシや水に濡らした布で拭く→③乾いた布で拭く
※汚れや雨シミが、ささくれ等が気になる場合は、こちらもサンドペーパーを使って擦りましょう。

ウッドデッキの汚れを防ぐ方法

ウッドデッキの汚れを防ぐ方法は、やはり気になったらお掃除することです。
人工木・天然木(ハードウッド材)はメンテナンスフリーな木材なので、日常的なお掃除は不要ですが、気になったときに行っていただくと、より品質良く長持ちさせることに繋がります☆

掃き掃除の他にも、植木鉢やテーブルなどをウッドデッキに置いている場合には置き換え、日光に当てて湿気を溜めないようにしましょう。

また、天然木(ハードウッド材)は耐久性が高い木材なので、基本的に塗装は必要ありません。
ただ経年変化による変色などが気になる方には、表面保護にもなる塗装をおすすめします。

門倉組エクステリアはご希望に合わせたプランをご提案

門倉組エクステリアはご希望に合わせたプランをご提案


お家時間がより楽しくなるウッドデッキ。
ウッドデッキのお掃除で、より長く楽しんでもらえたらと思います。

門倉組エクステリア事業部では、もちろんウッドデッキの外構工事も承っております♪

新たな設置はもちろん、老朽化などによるリニューアル工事も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください!

「できるだけ自然に近い素材を使いたい」「汚れにくくメンテナンスが少なく済むようにしてほしい」
などなど、ご要望をお伺いしながら、ご一緒にプランニングしていきますので、安心してお任せください。

お問い合わせはこちら

対応エリア:
神奈川県藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・平塚市・逗子市・三浦郡・横浜市戸塚区・横浜市泉区・横浜市港南区・横浜市栄区・横浜市瀬谷区・横浜市都筑区・横浜市青葉区・横浜市保土ケ谷区・横浜市緑区・厚木市・綾瀬市・伊勢原市・海老名市・東京都(町田市)

関連記事一覧

最近の記事

error: