Blog

藤沢市 目隠しフェンスと造作門扉で統一感を

ブログ訪問有難うございます。
湘南藤沢市にあります、外構設計施工・門倉組エクステリアの橋本でございます。

10月も中旬になり昼夜冷え込む時間が多くなった気がします。。
新型コロナウイルスの他にもインフルエンザも感染しやすくなるため
手洗いうがい・マスクの着用をより一層気を付けたいと思います。

本日ご紹介するのは、先日完了した目隠しフェンス工事です。

今回の物件は、以前リニューアル外構工事を行った現場になります。

・施工内容
オープンだったお庭&駐車場スペースをよりプライベート空間へするため
目隠しフェンスを使用したセミクローズ外構へリニューアル

目隠しに使用した商材は「ディーズガーデン:アルファウッド」になります。
以前リニューアル外構工事でも使用した人工木・樹脂製の目隠しフェンス。
今回も同じ仕様でご提案いたしました。

商材のご紹介です!

・樹脂素材で腐食の心配もなく、お手入れ要らず!
(表面に超耐候性ASA樹脂を使用しているため、日焼けによる耐退色性に優れています♪)

・リアリティーあふれる板材
(リアルな木目のエンボス加工がディテールも両面に施されています)

・セミオーダー仕様
(板材の幅、板と板の隙間などお好みで選べます!)

・カラーバリエーションがとっても豊富!

ディーズガーデン:アルファウッド カラーバリエーション


アルファウッドの板幅が「60mm・120mm・180mm」と3種類あります。
セミオーダー仕様なので、お好みで設定できます♪
全ての板幅や色を合わせても統一感を出すことも
それぞれ異なるサイズや色をを変えてアクセントとしても使えます。

ディーズガーデン:アルファウッド 板幅の種類

 

現場の説明に戻ります!

こちらは施工前の駐車場です。
車止めポールがある箇所にブロック+目隠しフェンスを施工します。

施工前


まずブロックを積む前に、車止めポールと一部既存の駐車場コンクリートを解体し
ブロック基礎を入れるスペースを確保します。
基礎は埋まってしまい見えなくなってしまいますが
ブロックの強度を持たせるため必要な工事になります。

施工中 ブロック積み後、フェンス柱を立て込む作業


基礎工事後、ブロックを4段積みフェンスの柱を立て込みます。
写真で見えてるのは3段分ですが、1段深く積むことでより強度がでます。

施工後

駐車場の目隠し完成 フェンスと門扉


今回は既存の仕上がりと合うように120mmの板幅で統一し
カラーは ブラックブラウン を選択しております。

高さは男性が立った時の目線を想定し
ブロックの高さ0.6.m+フェンス1.2m、合計で1.8mで設定。※隙間は10mm

アルファウッドを使用した門扉


また、駐車場から自転車の出入り口を設けるため、アルファウッドで造作門扉も取り付けました!
フェンスと同じ商材なので、統一感が出ますね。
板と板の隙間も合わせられ、きれいに仕上がったと思います。


門倉組エクステリアの藤沢展示場には
今回使用したアルファウッド材の実物サンプル・カラーサンプルを展示しております。
ご興味がある方は是非お問い合わせください!
お問い合わせはこちら

対応エリア:
神奈川県藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・平塚市・逗子市・三浦郡・横浜市戸塚区・横浜市泉区・横浜市港南区・横浜市栄区・横浜市瀬谷区・横浜市都筑区・横浜市青葉区・横浜市保土ケ谷区・横浜市緑区・厚木市・綾瀬市・伊勢原市・海老名市・東京都(町田市)

仕様商材メーカーはこちら!
ディーズガーデンHP:アルファウッド目隠しフェンス

関連記事一覧

最近の記事