Blog

リニューアルしたお庭の外構工事が完成しました!

皆さん、こんにちは!門倉組の高橋です。

藤沢・湘南エリア外構施工、門倉組エクステリア事業部のブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!
外出自粛が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

室内で過ごすのは寂しいこの季節、これを機にお庭を見直してみませんか!
少し手を加えるだけで印象が変わり、お庭の新しい利用方法が発見できるかもしれません。

本日ご紹介するのは、建物の内装・外装リフォームされるのを機に、外構・お庭もリニューアルを行った施工現場です。

工事前、枕木と化粧砂利やウッドチップで舗装し、レンガで花壇の縁を入れたりと、お客様ご自身で工夫を凝らしたお庭作りをなされていたのですが、時間が経つにつれ、砂利が減り防草シートがむき出しになってしまったり、建物の裏側の雑草の管理が大変になってしまったようでした。
お客様のご要望は、既存の樹木は残しつつ花壇スペースも確保しながら、新たにして作業場所を広く取りたいということでした。

お隣様との境界、敷地角地に目隠しフェンスを新た設置し、お庭にプライベート感を演出。
玄関内と外ポーチのタイルもお取替えし、以前の色やサイズも変えてみました。新しい外壁との色味も合わせて機能門柱もスタイリッシュな雰囲気へ。
玄関横の花壇ブロックを撤去後、道路の高さに土間コンクリートを打設し、駐輪スペースを設けました。
お庭の舗装はインターロッキングを使用し、サイズ・色を2種類展開へ。ピンコロ石を目地として使用し変化を持たせた所がお客様と一緒に考えたこだわりポイントです。

イメージ通りに仕上がったと、大変嬉しいお言葉を頂戴しました。

【BEFORE】

建物の裏側の雑草の管理が大変になってしまった 時間が経つにつれ砂利が減り防草シートがむき出しに 以前の玄関の外ポーチのタイル

【AFTER】

お隣様との境界と敷地角地に目隠しフェンスを新た設置 ピンコロ石を目地として使用し変化を持たせた色やサイズを変えスタイリッシュな雰囲気へ

夏を迎える頃には雑草だらけ…なんて方も多いのでは!?折角の空いているスペース、そのままにしておくのは勿体ないです!
是非お気軽にご連絡ください。

関連記事一覧

最近の記事