Blog

インターロッキングブロックのご紹介 PART1

ブログ訪問有難うございます。
湘南藤沢エリアを拠点としている外構設計施工、門倉組エクステリア事業部の高橋です。

先日に引き続き、インターロッキングブロックの現場状況をご報告致します!

先週土留めブロックが設置されて、今週は階段・アプローチ舗装工事の状況です。

駐輪場を宅内奥に設置するためのスロープを施工

階段の袖にスロープを施工

↑駐輪場を宅内奥に設置するため、階段の袖にスロープも施工してます。

いずれも基礎となるのは、コンクリートブロックを使っていきます。
最後にタイルや、モルタル(※)左官で仕上げしていきます。

※モルタル:砂(細骨材)とセメントと水とを練り混ぜて作る建築材料

階段は蹴上部分にレンガを据えて仕上げてます。

蹴上部分にレンガを据えて仕上げる

↑こちらの階段はコンクリートブロックを使用せず、蹴上部分にレンガを据えて仕上げてます。

アプローチにインターロッキングブロックを使用

インターロッキングブロックを使用

↑アプローチに使用したのは、インターロッキングブロック(コンクリートブロック)です。

レンガ調に組合せた舗装方法が一般的ですが、それ以外もサイズや組み方等豊富で、様々な個性を演出してくれます。
こちらの現場は、サイズ3種類をランダムに敷き、色自体もムラがあり、自然石舗装に似せた仕上がりになっています。

色んな商品が展開されているので、気になる商材・ご要望等ございましたら、お気軽にご相談ください。

関連記事一覧

最近の記事

error: