Blog

台風19号から1ヵ月後の事務所の樹木たち

台風19号から1ヵ月・・・

こんにちは。湘南藤沢エリアを拠点としている門倉組エクステリア事業部です。

先月、10月12日(土)~13日(日)にかけて
各地で台風19号による甚大な被害を受けました。

19号では高潮の時期と重なり、樹木が塩害を受けていることをお伝えいたしました。

今回は以前、紹介しました事務所の樹木たちの台風19号からの1か月後をお伝えしたいと思います。

門倉組エクステリアのシラカシ

新芽を発見

(シラカシ)
葉の変色が見受けられますが、真ん中の方に新芽が!

門倉組エクステリアのナンキンハゼ

変色している葉や枝は経過観察中

(ナンキンハゼ)
黄緑色の新芽が出ていますね。
折れて茶色く枯れいる葉や枝は取っても構いませんが
途中で変色しているものはまだ様子をみましょう。

門倉組エクステリアのドウダンツツジ

雨風に耐えたドウダンツツジ

(ドウダンツツジ)
上と下枝で葉の落ち方が違いますね。
上の葉は落ちてしまいましたが、こちらも新芽が!
下の方には他の植物があったせいか、雨風を受けにくかったのかもしれません。

事務所の樹木たちは塩害を受けてから
早々に葉が落ち始め、さみしい感じになってしまいましたが
新芽が出て、ひと安心です。
また来年の春にはきっと芽吹いてくれることでしょう。

関連記事一覧

最近の記事

error: