Blog

平塚市 庭石を活かした新築外構工事現場の経過報告【門周り編】

ブログ訪問有難うございます。
湘南藤沢市にあります、外構設計施工・門倉組エクステリア事業部の三橋でございます。

季節の変わり目ですね。体調管理に気を付けつつ頑張っていきましょう!
さて、前回アップさせていただいた、平塚市の新築外構の現場が順調に進んでいます。

▼過去ブログはこちら
「平塚市 庭石を活かした新築外構工事の現場へ行ってきました」

元々のお庭にたくさんあった庭石の据え付けはもう少し先になりますが、
現在は前回に引き続き、ブロックを積んで外周、門周りなどの骨格部分を作っているところです。

建物裏側のアルミ門扉とアルミメッシュフェンス

建物裏側のアルミ門扉とアルミメッシュフェンス


建物裏側のアルミ門扉『LIXIL開き門扉AB YR2型』と
ブロック上にも『LIXILアルミメッシュフェンス2型』が設置されました。

▽商品情報はコチラから▽ ※商品ぺージへ飛びます。

LIXIL開き門扉AB YR2型

LIXIL開き門扉AB YR2型

LIXILアルメッシュフェンス

LIXILアルメッシュフェンス ※画像は1型です。スクロールしてご覧ください。


海に近い現場なので、スチール製のものは選ばず、錆に強いアルミ製のものを多く採用しています。
敷地外周は距離が長くなるため、網状のフェンスで費用を抑えて
なおかつ安心して使用できるものをご提案しました。
(※アルミ製でも、もらい錆による錆が出る場合がございます)

門袖ブロック積み後

門袖ブロック積み後 モルタル下地前の状態


門袖(門柱)部分は最終的に白い塗り壁に仕上げる予定ですが、
こちらはその前段階の下地ブロックの状態です。

塗り壁の門袖は、基本的にはコンクリートブロックを積んでから、
モルタルで表面をきれいに塗り、平らに整えます。
この下地モルタルが完全に乾いたところで
最終の塗り仕上げに入る、という流れになります。

この現場では、ただの白い門袖(門柱)にするのではなく、少しアクセントを入れています。

下の写真はそのアクセントを入れた状態です。
木目調のアルミ板材を貼り、壁が単調に見えないようにしました。
味わいのある表札も設置して、あとは塗仕上げを残すのみです。

木目調のアクセントと同じ色の門扉も設置

門袖 味わいのある表札と木目のアクセント。塗装はのちほど・・・

木目調のアクセントと同じ色の門扉も設置して、バランスよく仕上がりそうです。

▽商品情報はコチラから▽ ※商品ぺージへ飛びます。

LIXIL開き門扉AB ウッディYS型

LIXIL開き門扉AB ウッディYS型 ※スクロールしてご覧ください。

LIXIL デザイナーズパーツ平板

LIXIL デザイナーズパーツ平板


門を通り抜けると下の写真のようなスロープが玄関まで続きます。

スロープにコンクリートを打つ場合は、
滑りにくいように、表面がつるっとした「金ゴテ」仕上げではなく
「刷毛引き」の仕上げにします。
表面に刷毛を引くことで、格段に滑りにくくなるので
安全面を重視するのであれば、「刷毛引き」仕上げがおすすめです。

アールを描いたスロープの両側面のブロック

玄関へつなげるアールを描いたアプローチ


このアールを描いたスロープの両側面のブロックも
先ほどの門袖と同じ塗壁仕上げにして
門周りから玄関までの統一感を意識しました。

仕上げが楽しみで仕方がないのですが、もうしばらく我慢です。
また更新させていただきますので、よろしくお願いします!

関連記事一覧

最近の記事