白を基調とした 天然木に拘ったエクステリア

逗子市 I様邸
Concept

白を基調とした
天然木に拘ったエクステリア

アパート外構の一部リニューアルしました。
なかなか使い切れいない緑地のお手入れに困っていたI様。
新たにご利用者様たちが使用する駐輪場へ、生まれ変わりました。
サイクルポートは当初、メーカー商材をご提案していましたが、マットなホワイトカラー、天然木を好まれていましたので、設計の自由度が高い天然木に塗装を施しました。
サイクルポートの横板は補強と自転車などの転倒防止も兼ねて設計。屋根は光をより取り入れられるよう明るさ重視の透明なポリカーポネート材を。
扉は自転車の利用も考慮し、開閉が楽な引き戸へ。取っ手はあえて裏表で別仕様。遊び心をプラスしました。
また建物外観に合わせて、サイクルポートから外周りの既存のフェンスも同じ素材に作り替え。
より一体感も出て、ご希望のオリジナル設計ができたと思います。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

Material

造作サイクルポート
イタウバ材、ポリカーボネート材
ウッドフェンス
イタウバ材
引き戸
イタウバ材
塗装材
AICA ジョリパット

Detail

施工場所
神奈川県逗子市
施工期間
約2ヶ月半
error: